メイドGS?

今日は朝から土砂降り。

クルマのガソリンの残量が気になるので、

通勤の途中にガソリンスタンドに寄ることに。

「よく降ってるな~。

クルマから降りたくないし

今日はいつものセルフはやめとこ~っと」

ちょうどセルフじゃないスタンドが見えたので

クルマを入れました。

「いらっしゃいませ!!」

朝から元気な声で迎えれくれたのは、

50歳前後に見える

「メル・ギブソンをより優しくした」

ような雰囲気の男性でした。

てきぱきと給油作業をしつつ、

窓を拭いてくれたり

車内拭きのタオルをくれたり

無料の安全点検の勧誘やら

カード会員の勧誘やら

いろいろと声をかけてきてくれます。

普段セルフスタンドにしか行かない

ワタクシにとっては

それらがとても新鮮に感じました。

まあ、それが商売なんだろうけど。

でも、ありがたいよなぁ。

それにしてもセルフスタンドとくらべて

別に金額がそんなに変わるわけじゃないのに、

この至れり尽くせり感はなんなんだろう。

雨だったから

いつもと違うここを選んだだけだったけど

よかったなぁ。

なんか朝からいい感じ。

・・・・どうやら、

その「メル・ギブソンさん」の

心のこもったサービスのおかげで

いつの間にかワタクシのガードが下がっていたようです。

支払いを終え、出発しようとした時、

「メル・ギブソン」さんに思わず

「行ってきます」

・・・・・・ん!?

行ってきます、ちゃうやろーーー!!

言ってしまった自分にびっくりですが、

慌ててる間もなく普通に

「行ってらっしゃいませ」

と返されてしまいました。

さすがメル。。。

ちょうどワタクシのガラ空きのチンに

メル・ギブソンのショートフックが

カウンター気味に入った格好です。 ※よくわからない方は読み飛ばしてください(^_^;)

そんなわけでこの50前後に見える店員さんと、

40過ぎのおっさんであるワタクシとの間で

「メイド喫茶風のあいさつ」

を成立させてしまいました。

恥ずかしさで表情筋が歪もうとするのを

フルパワーで押さえつけて

なんとか平静を保ちながら(保ててたかな?)

その場を走り去りました。

なにやら謎の敗北感を味わいつつ、、

しかし同時に

通勤中のワタクシの体の中心あたりから

ほっこりとなにか暖かいものが湧き上がってきました。

相当恥ずかしかったですが

トータルすると後に残った感想は

「今日はいつもと違うスタンドに行ってよかったなー」です。

いつもと違うものをインプットすると

いつもと違うものがアウトプットされる。

ちょっと大げさかもしれませんが、

そんなことを実感できた体験でした。

同じことを繰り返していたら、同じ結果。

でも、

いつもと違うことをすれば

何かが変わるかもしれない。

普段の生活やその他のことだって、

同じようなことがいえるんじゃないですか?

ちょっと髪型を変えてみたり

普段着ない服装をしてみたり

新しい習い事をはじめてみたり

そうするとちょっと気分が変わって

何かが変わるきっかけになるかもしれません。

だからといって

無理に大きく何かを変える必要は

ないとはおもいますが。。。。

たとえはわたしは

加圧トレーニングの指導において

新しく通い始めた人に対して、

ご自宅での筋トレを「強くは」おすすめしていません。

もちろんやったほうがいいので、

「やれるならやってください」という程度です。

それよりもおすすめしているのは

もっと簡単な事です。

それは、

生活の中の動作を少し変える

ような、そんなことです。

立ち方

座り方

歩き方

階段の昇り降り

かばんの持ち方

寝方

などなど

ちょっとしたコツをお教えしています。

これまで約7年間の指導経験の中で、

続くかどうかわからない筋トレによって

一気に大きく変えようとするよりも

小さなことでも「たくさんいろんなことを変える」

という方が結果が出やすいとの実感があります。

そして「変えるという行為そのもの」に慣れてもらえば

変化が加速度的になっていきます。

さらにそれによる体温の変化や、汗のかき方、疲れ具合など

「ご自身のカラダの小さな変化に気づくこと」

を重要視しています。

筋トレとは遠く離れた話のようですが、

根っこは同じです。

例えば、、

ほんの少しイスを変えてみるだけで

使う筋肉は全然変わります。

休むべき筋肉が休み

使うべき筋肉が使われる。

すると、あっというまに

その場で猫背が改善したりします

逆にいえばそれまでの悪習慣があって、

いまの姿勢が出来上がっているわけです。

そうです、

ある「猫背のAさん」の場合でいえば

普段の生活習慣によって

「猫背体型」がデザインされてしまったのです。

もちろんバッドデザインです。

「Aさん」の猫背の原因がイスだったなら、

いままでと同じイスで同じ座り方をしていれば

きっと今までと同じ猫背が、

今まで以上に強化されるだけのことでしょう。

でも、少し座り方を変えると・・・・

それは長い人生で見ると

本当に本当に大きな変化の始まりなんです。

カラダのデザインはそんな小さな変化から始まります。

それはたかだか

いつも行ってるガソリンスタンドを変える程度の変化でいいんです。

新田マサキ

^